So-net無料ブログ作成
検索選択
 

えさ、いっぱい食べてね [プロジェクトB]

なんだか、少し被災から抜け出してしまいますが、自分を助ける方法はこんなもんかなって(^^♪

IMG_-v31hcm.jpg

いつもの独り[小雨]クリスマス(しかも日付間違えてアフターだった[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)])以来、
円山動物園のエサ代になるらしいインスタラーです。
普段は五食200円しないの食べてるのに、それでもヘロヘロ帰宅で電子レンジ製すら作れなくって週一回かどうかだけど、
今年初めての贅沢です(えぇぇぇぇ-----><、)
これがわたしにとっての最高のラーメンですワ。。。。。
冷凍の豚汁の具と特売の日から冷凍してある肉を追加でなんか本当にマイグルメです[たらーっ(汗)]

夜勤明けで春近し、今年初めてリラックスの時を過ごしています。

何があったって怖いものなし、そんな人にこんなに気の抜けた時が来るなんて思ってもみなかったけど。それぐらいホッとしています。
こんな日にゆっくりお話しが出来たら、きっとそれがわたしの人生かもなって後悔のない日々を思います[るんるん]

一番機、行くぞ!行くぞ! [プロジェクトB]

なんだか、みなさんありがとう♪

おれは自分が誠実だと、比べてつくづく思いました。

それ一筋の毎日だったんだろうね。

これからもそれでいいね(大笑い)♪ 、まわりがかわいそうになっちゃわないように自分のためだけにじゃなくてやっぱりみんなのために頑張りましょう!

俺を誠実に育ててくれた母に感謝します

また俺を産んでくれ!


2017-03-13 [プロジェクトB]

夜勤です
精神的な支えってないものだから
こうして書いて助けを求めてる
頑張って挑む感じになれなくて
母の墓参りでもして3月11日に区切りをつけて来ればよかったのに
支援先に行った、自分の責任だよね
粛々と怪我無く過ごしてきます♪

朝です♪ [プロジェクトB]

>皆様へ
また暫くblogは放置になっちゃうかもしれないけれど、皆様への訪問も出来ないしネット的にリアルを100%書いてしまうことも出来ないし、でも出来るだけより良くなるように伝える事はしたいと思います。

たくさんの方々に会って平時も緊急時も人の中身まで見えちゃうほどに苦しい気持ちになります。
様々な最近の出来事や風潮のなかで。。。
なんでも出来てしまう時代よくも悪くもだけど、自己主張も。
見失ってしまうことも多い事にも気を回す必要があります。
何かを言えば何かは伝わらない、自分を発揮すれば自分は何かしらを失うかもしれない。それはリスクとしてではなく優しさを自分自身に見つけるためにも必要なことだと思います。

自分自身に陥っていることに自分で気付く力があるかないか、すべてに通じてそれは大切だと思います。
たくさんの情報を聞き集め、その中から対処を選び進んで行き続けることはできません。情報が枯渇すると判断だけではなく気も狂ってしまう事に直結しかねないのはそれが理由に感じます。

自分の範囲のなかで確実に暮らして行く力は習慣に。
何処でも確実に生き抜いて行けるのは冒険に。

今どきならそんな表現でどうでしょうか。

 

習慣は生活環境から身に付くのでみんな同じではないです。自分の常識がみんなの常識ではない事を学ぶ時があります。あれっ?て思えれば幸いだけどずっと自分だけを進めて行くことだってありえます。
一人として同じ人はいないって事に考え直す力と気持ちの余裕が必要に感じています。自分は自分でよいのです。でも他人も他人でよいのです。自分の習慣を越えてないかどうかだけ、枠を越えれば冒険なだけです。

災害を通じて人の生き死にに触れることが多くって、しかもその場にいるだけでなく飛び回り遭遇する数も多くって、もしかしたらふつうよりはたくさん感じることもみんなより多いのかもしれません。
本来心のなかにあり手を出さないほうがよいことでも、それは『本来』って前提の事。たとえば被災でうちひしがれ心が弱くなっていれば、本来からではなく多方面から見直して接する必要を感じます。

同じく、日常でも本来じゃないとき心が弱くなっているときはあるわけで自分の常識や習慣だけでなく多方面から接してみるのが大事かも。そしてその時には『一人として同じ人はいない』事を中心に考えていくのが基本にかなって。
自分の立場を攻撃された、バカにされた、或いは相手にされなかったとかたくさんの嫌なことが渦巻く社会のなかで、『同じ人はいない』のだからそう言うこともありうると、そんな気持ちを軸にしてみる勇気をと願います。
裏返せば自分には色々な権利があると盾を振り回す事にも勇気はいると思います、間違っていないと自分を正しく推し進めることもエネルギーがいる。
どっちも特徴としてアリ!!
でももし同じ勇気同じエネルギーを相手の弱さの助けに使えたなら、そして助かった人がまた次に誰かを助けてくれたなら。。。それが僅かな可能性でも勇気を出してみる価値はありそうです。
時間の流れには波があり悪いときと同じだけ良いときもやがてやってくるみたいですよ♪
そして自分の手のなかだけで何とかしようとせず相手に流れを預けて待つことも時の流れは作り出してもくれます。
自分や周りを諦めず決めつけず、他にも考えがありほかにも知らないことがたくさんある、あってもよい。
ネットがあれば世界の平均に触れて世界のどこにでも行ける、間違えがない自分でいられるかどうか。。。

緊急事態ではネットがダウンします、一時的でも。
本当に困っている人、弱者はネットを使えていないことが多い。それがリアルな世界でした。
正しきをとは説かないけれど、自分を見失っていても助けてくれるのはネットじゃなさそう。
勇気と冒険の日々にみんながなれたらいいなと願っています。
現状を否定しないでいまを生きて、いまがダメなら次の世代、子供たちに託して。そんな長さに自分を拡大してみることが大事じゃないかな♪、自分だけで完結なんて勿体ないよ♪♪


今日のあんた [プロジェクトB]

あんまり色々現状を書いてると頭がおかしいときしか存在しない人になりそうなので。

いやいや、この記事だとさらにダメな人に。。。

 ーーーーーー

あんたがしゃべれたらなぁ。

でも餌食べたいときだけ突っ走ってきてスリスリして、食べたらいなくなるから、話しったってさぁ。。。

おれの話し、最近分だけでも3年ぐらい喋り続けないと成立しないのに。途中だけ時々話すと細切れのウソの寄せ集めな人みたいになっちゃうもん。。。

それになにかプレゼントって言ってもリアル貧乏だから、

暖かくなったら生えてきた猫じゃらしとかぐらいしか渡せない。。。

 

IMG_-5z3rzm.jpg   

 

独走の人的に仲間を作れないですよ。

それと深部の被災に巻き込むわけにいかないから友達を作るわけにも行かない。

全力使い果たして寝る以外に余力がないから、まさかの食事を忘れたりしちゃってる毎日。。。グルメの感覚全く無くなってる。

冬眠中の熊のイビキとか、ちょっと離れてはいたけど岩に腰かけて岬から熊と一緒に夕日観てたりとかしたの話しても信じてもらえないだろうし。

放水路に落ちた犬を助けたら一目散に逃げてさとか、猫に話してもなぁ。。。 

 被災の深い闇と付き合いだからわたしの気持ち自身は助からない、助けてくれる人も誰もいないまま。 

 

ーーーーー 

今日も近場の県外避難世帯を訪問しました。わたしの数日来のフラッシュバックは変わらないけど人間的にはこっち側の平常に戻ってます。

急逝に至る遺族はそのまま支援先なわけだから、身代りで団欒の食事をしたり思い出のドライブを一緒にしたり、誰にも頼めない遺族のお願いを気が済むまで叶えるようにしています。そう言う事が区切りの為に必要な時もあるので寄り添うようにしています。 

しかしみんなよく笑う♪

一つずつ思い出を整理してくれたら、新しく安堵な笑顔に書き換えられたなら。

区切りをつけて新しく考えはじめてくれたなら♪

 

おれをふわっと笑わせてくれる人には出会えそうもないけれど。誰もついてこれないわけだから。。。

↑↑気持ちを掻き出して少し安心して一眠りしますZzz


夜のまち [プロジェクトB]

 いまこの深夜の記事見かけた方に伝えたいです。
2011・3・12いまこの時間に音、暗闇、寒さ、辛さの中で生き残った方、亡くなられた方と別れてしまう現実がありました。
いま孤独に苦しみ辛くて大変な気持ちの方がいたら、諦めず朝をまって下さい。
助けや好転は必ずやってくるのでもう少し頑張って下さい、一晩か二晩かもしくはもっと長くなるかもしれないけれど、自分から歩み始めて迎えに行ってもいいので、必ず来る朝を大切にしてください。  

2017-03-11(追記) [プロジェクトB]

平常に戻りました。
当時の時刻が過ぎるまでの1~2日、PTSD
わたしの場合はこの間のことはほぼ覚えていないので苦痛も残りません
(えぇぇぇぇl-----!)、去年どうだったか覚えていないのだけれど来年は休暇にしときましょうね。
現在は近場の県外避難者の世帯に向かっています^^;。
ーーーーーーーーーーーー

前記事ではビックリだけで終わっちゃいそうなので、さらにその前の週の果実の事を無難にアップします。

1489218731956.png

毎年の事、今回は室内の大きなルーミーを使い1台分の文旦を積めるだけ積んで四国を出発しました。

途中は日本海側の雪の中での移動でした。
こんな感じ(レコーダーから転載)。。。

IMG_92axdm.jpg
IMG_8tre3l.jpg

夜間から午前ぐらいまでの画像です。

そして太平洋側の津波被災地域、復興団地にて。

1489218517708.jpg

画像はエレベーター毎の50人分のつもりです。
コミュニティーが出来ているので丸ごとお渡しして自分たちで分けて各世帯などに届きます。
復興団地の場合は行政区が共通なだけで住んでいた地区や集落はみんな別々、仮設団地での暮らしもみんな別々でした。
新しい町として行事やお祭りも新規に設定し直してゼロから始めます。
ここで生まれた子にも、そして各地の古い習慣をすり合わせて新しい町の伝統をつくったお年寄りの皆さんにも行き渡りました。
一人ずつ避難所や仮設団地の頃からのお付き合いなので、たまに送ってくれる日々の写真とかに写っているのは全員わたしには顔見知りです。仮設団地の頃とは違いみんな活き活きの表情で、わたしこそゼロからの付き合いが6年に昇華してる気持ちです

このあと浜部も回っておよそ450人分を渡しました。
皆さん期待する工事や町の様子は報道番組にまかせます。
たいていは、かつてわたしが走り回っていた道路などが埋め立てられ全く別のルートとして刷新の状態、景色も違うので気を抜くと道を間違えるほど(笑)。
色々書くとグダグダになるのでやめときますが、強いて文句を言うなら各工事の進捗も構造や管理もバラバラ、御役所の縄張り丸見えな感じ。
かな♪
こんな感じのご報告記事でどうでしょうか。

どこでも暗い影は本当は深刻です。でも、みんな生死を分けての困難を生きてきたこと忘れてはいないです。
どんな事項でもそれを踏まえて未来へと進めることをわたし達も心掛けなければいけない時期に差し掛かっています。
地域毎のかつての特徴を持った復興に今からでも見直してはどうかと願っています

===追記(20170311.20:00)=====================
PTSDの進行した期間が数日だったと思います。職場の皆さんごめんなさい。。。
当時任務以上に取り組んで頂いた各官の皆様にも同じように未だに困難が続いていると思います。

今期学資にて支えた世帯から連絡が来ていますので掲載します。

今晩は。
いつもお世話になっております。
今日であれから6年もの月日がたちました。我が家に至っては、新しい家も昨年完成し家族みんなで普通の生活が出来るようになり、子供も4月から新しく高校生と進学してゆく姿に親としても一安心しております。
ここまで来れたのも、404さんのご支援があったからです。
本当に感謝しかありません。
また明日から心を引き締めて生活していきたいと思います。

被災で他人の腹の中が丸見えになる不振不条理のなかで、自分を信じている人を諦めたくないと思い続けています。

辛いのは一人だけではないとどうしたら伝わるかと思っていましたが、そんな気持ちが読み取れたとき、自分の立場と引き換えでも相手に最善になるように毎日連絡のなかであるいは被災現場でしてきています。相手の気持ちに添う瞬間には全力で自分を捨ててしまう自分にいまも変わり無く、それが日々の連絡のなかでもお互いに勇気や元気を感じる事になっていると思います。
被災からの様々ななかで憎しみを持つ気持ちが尽きてしまったのかわたしには実は全くないんです。信じてもらえないぐらい手を尽くしてしまうだけだし感情の強いふりして相手に気づかせているだけなんだけど、勘違いして疎遠になっちゃう場合もあり欲のある結果を残念に思うことも、今でも日々の支援のなかではあります。

常に平穏では難しくまれなこと、命のやり取りに直面した方々にはふつうのこちらでは支えられない場合が今でもあります。 


シックスセンス [プロジェクトB]

IMG_mf8gfm.jpg


先週は四国から果実を東北の世帯や企業にお渡ししました。

そして今週は。。。
きちんと書いたことはありませんでしたが、
2011年に支援先で自ら亡くなられた酪農家の老夫婦の法事をして、その牧場に行き新しいクローバーの種をまいてきました。
『たまには夕飯御馳走するから食べに来て』と当時珍しくご夫婦から連絡を頂き、制限されていた区域の発電機の暮らしの食卓で昔ばなしを聞きながらの食事をしその晩に亡くなられました。混乱の中で親族に連絡が取れないまま過ぎ、簡易で申し訳なかったのですが当時わたしが葬式を出しました。最後の食事がわたしとでもよかったのかわからないままです。それから時が経ち、わたくし一人だけの事でしたが供養でお世話になったお寺で本日法事をしました。


IMG_-o9qbme.jpg

帰路では事故棟からわずか2キロ程、5000μ㏜前後のリアルタイム光字の国道を通りました。
ここも時々通っていましたが記事に書くのは初めてですね。
この画像の地域に住んでいた被災後母子家庭の支援先にも先週果実を届けています。
避難時からの婦人病の不調から全摘手術をし、いまは山間部で老人福祉施設に勤めて、新しい暮らしでお世話になっている集落のために働いています。
当時よりその世帯が使っていた車が修理できなくなり買い替えをしたのが昨年でした。6年とはそういう時間です。
予算で中古を頼んでいたところ暮らす地域のディーラーからほぼ新車が納車されました。『これなら娘さんが免許をとる頃でも大丈夫だから』と、東北らしく周囲からあたたかく迎えられているのが救いです♪。
小学生だった一人娘さんが免許取得が出来るまでの時間もやはり6年という時間です。


わたくしからの記事は少なくなり、たくさんの方にも本当の様子が伝わらくなり、それでも今この投稿を読んで頂いていてありがたく思います。
先週今週と続けて行ってきましたが、今年になってから初めての支援先がほとんどです。
わたしの経済状態は悪く、政治的な影響からか世間で懸念される貧しい渦中にあります。
もう一度会っていたら結果は違っていたかもしれないという事態を多く感じていて、自分自身に残念でならない気持ちです。
  。。。
記事にアップしない東北の日々は今日も粛々と過ぎています、そしてそれでもなお東北で頑張っている被災者は沢山います。

わたしにとってはリアルタイムなので風化という言葉で片付けようとするマスコミも、期に及んでの活動組織も大嫌いです。
だいたい支援なんチャラとかいう方々にはもう何年も現地で会っていませんからw、それがホント♪♪
季節はまた巡り春の東北の頃にはゆけたらいいなと思っています。


201ニャニャ年 [プロジェクトB]

謹んで新年の御挨拶を申し上げます。
全くBlogの更新をしていないどころか頂いたコメントにお返事も出来ていなくてホントーに申し訳ありませんm(_ _)m
頂いた内容に真摯にお答えできるように頑張ります。。。

新しい年にどんよりな記事からスタートではと思い(汗[たらーっ(汗)])、大晦日にお伺いした東北の世帯の一コマをアップします。

20161231_172250j.jpg

新しいおうちの吹き抜けからドヤ顔で見おろす家猫さんです。
復興がちゃんと進んで姿の通り[揺れるハート]愛され平穏に暮らしている様子、できればたくさんの被災世帯にも早くと願っています。

東北の場合には現在も明暗分かれ、迷走続くイメージです。
正しきを失わないようにと心配に思う限りです。わたしが行く先々では笑顔も多くわたし自身が元気をもらっています。
不安のない良い年をと心から願っています。

    (無難な感じの投稿として)      2017年元旦ごろ 404より皆様に生存確認用
 

また来るね [プロジェクトB]

IMG_-cbbwcy.jpg


また来るね。

主も被災したままの家に恐る恐る住んでいるのでこんな感じ。

お年寄りと。。。永く台風や嵐、そして裏山が崩れる地震も凌ぎながら静かに過ごして来てるのだと思います。歳もとっているのか調子悪いのかもしれません、全く吠えないでずっとわたしが物資を運んだりお年寄りと話したりするのを眺めていました。

東北の時も本当に困っている方々に会ったのは時間が経ってから。大分熊本でも同じです。

最近ありがちな事を書き加えますが、メディアやネット公開に惑わされないで頂ければなと思います。

 


404小隊