So-net無料ブログ作成
検索選択
 

2017-04-22(追記2) [プロジェクトB]

_20170422_081618.JPG

 

後押しが出きれば、静かなる底力というべき前記事の福島世帯に自分でも甘えたい気持ち、もう一度会いたい気持ちになって、先程お伺いしてきました。

例によって今から戻ります(えーーー)だけど。

 

当時から段々と疎遠になり遠ざけた親戚付き合いから変わり者呼ばわりの日々が続いていたそうです。わたしも毎日そうだけど、手を変え品を変え次々と仕掛けてくる因縁とか世の中どこでも同じです。都合悪くなればなるほど群れて正しくすり替えようとも、言い訳が懐柔になりうる地域性とかだってふつう以上に作用すると思います。

6年も経てばもう触れてほしくない気持ちのありようで、 そう考えたら、本来は亡くなった命を尊び、親類縁者が再び集まり縁を深めるきっかけになる法事も苦痛になりかねないかなと。

家族も親類も無いわたしも、貸切りでの法事はしたけどお坊さんとわたしの二人だけの事でしたから。。。

 

ご夫妻と言えど母親としては女性的な捉え方や気持ちはあると感じています。被災に関しては時々書いてきましたが、男尊女卑とか地域性とかで話しづらい事でも相談されたり感じ取ったりしてきました。因縁になりやすい要因でもあるし、そんな時こそ本能で考え人の本質が前面に出やすいから。たくさん差し引いて母性が寛大さになるようにって思いたいけど、そう言うのって理屈じゃないんですよね。

 被災犠牲者の母として毎日とっても頑張ってきたこの世帯のお母さんに。



台所をお借りして、『息子さんが好物だったお料理』を息子なるわたしが作って一緒に食べました。



一旦は泣き崩れてしまうお母さんなのだけれども、悪い涙ではないから。自分でもやってみたかった事、実はお互いにすごくほっとした気持ちでした。

ほんの一時でもお互いに温かい気持ちで過ごせる場所、それが福島だとわたし自身は信じていますから。被災のせいで色々みんなが忘れてしまっているだけ。

丁度1ヶ月、一年にも十年にも思うし新しい人生の日々だけどわたしもやっと涙が出ました。

でもお互いに笑顔で、わたしも帰り道になってます♪


バタバタと画像撮る余裕がなくて、この世帯とわたしの大切な思い出になっちゃってます、スミマセン。

冒頭の画像の通り夜明け前の河岸にて材料揃えました。

これもちょっと、ここで十年以上セカンドワークしてた頃に甘えん坊になりたくてチョー久々に寄りました。慣れは嫌うけど馴染みは大切にしてくれる場所だから、歳をとっても入れ替わっても合図も要らず目でわかりあえる親父達仲間達です。ターレー御使いに借りてしまいました(笑)、戻れない遺物の一つに来るなんて、歳をとりましたね。


江戸っ子って昭和なわたしでもつかわないですかね。アクセス解析だとそれぞれの方に深くご心配いただいていますがスミマセン全く平気。悪いことに傾向しないようにいくらでも身代わりするのも江戸っ子かなぁと思います。


状況は継続中です。これからも季節は廻り収穫まで、この世帯の事はこの大切な思い出から先は公開しないと思います。

願わくばご夫妻の新しい季節に人同士の支えあいが伝わればと思っています。


ーーーーーーーー(追記)ーーーーー

前記事に引き続きコメント頂いたお返事を追記します。


当初から次々と福島の各世帯ご紹介をしては非公開に切り替えてしまっていたのはメンタルなことややっかみに配慮したためです。すごく根深い気もするけど最も単純に、温かい気持ちを大切にしたい、美味しい産品をたくさん作りたいそんなみんなの気質が通じなくなっています。

阻害する→とりとめの無い噂、風評被害が心なさ過ぎる。。。

わたしもそうだけどこれに勝つ方法はこちら側には無いです。

他にもわたしの日々の事をたくさんの被災者には話していますが『負けちゃダメだよ、頑張るんだよ』と返ってくる言葉は全員同じ、その言葉の通りに毎日毎日、そして6年その通りに過ごして来ている人達の心の底からの応援をわたしこそたくさん受けています。
コメント頂いた味玉もわたしへの同じ理由から作って渡してくれています。
作為や悪意ある根源とかと真反対で純に人を思う気持ち、対抗意識とかの惨めさよりも静かなる誠意、矛先を向ける尖りより広く満遍なく耐える熱意を大切にしているんだと思います。ヘロヘロになってまで働いて得た資金を被災地域に使い続けているのは、被災地域のみんなに対する敬意だしそうでなければ被災地域では通用しないと思っていました。逆に応援を頂くようになってから、人同士の支えのありがたさを考えるし当時から自分でしてたことのお返しなのかもとも思うようになってもいます。
よくも悪くもどんなことでも結局は自分に返って来ると実感しています。
ーーーーーーーー(追記2)ーーーーー
170423.20:25
IMG_1fwp45.jpg


nice!(112)nice! のお返しが必要な方のご期待にそえません  コメント(6) 
共通テーマ:blog

nice! 112

コメント 6

タッチおじさん

訪問とコメント有難うございます!
今後ともどうかよろしくお願いいたします。
by タッチおじさん (2017-04-23 17:52) 

JUNKO

お変わりありませんか。ご無理をなさいませんように。
by JUNKO (2017-04-23 19:47) 

404


>タッチおじさん様
訪問ありがとうございます、コメント頂いて恐縮です。
もう一度全部読む機会のために『休暇』としたいと思っています。そうでなければいつも通りGWも夜勤明けから被災地域に出掛けますので。。。今は休みがいるかもしれません。
少しだけ時間が掛かりますがまたお伺い出来るのを楽しみに一週間頑張ります。
こちらこそかわらず今後とも宜しくお願い致します!!
by 404 (2017-04-23 20:21) 

404

>JUNKOさん
コメントありがとうございます!
あんまり大丈夫じゃないかも。。。無事帰って来てからずっとボサッと過ごしてます。
この間にも各世帯と連絡を取り合って結構な通話時間と電信件数ですが、『連絡はもうあんたからだけ』がほとんどです。
被災がリアルタイムなままのわたしには、わたしからだけ連絡のやり取りが続いている現実に複雑な心境になっています。精神的な復興のためにはいつまでも関わらずもうやめた方がいいのかなとも思うし、週末になると連絡くる頃にはお茶飲んで待ってると言うお年寄りもいるし。。。先行きのわからない復興やわたしがむしろよくは作用しないのではとか。
それでも続けちゃいますけどね♪
追記した通り工業団地の真ん中に住んでいて世の中の様子わからないまま一日過ごし快晴だった夕色を眺めてました。PMのせいか赤みが濃くてゴールドな夕焼けにはならなかったですね。みんなパチスロに行ってしまって一人で十数本飲んで過ごしました(笑)。工場とかも休みだしこんなにも静かな空間はむしろ贅沢ですね。
よい環境で過ごせているのが幸いです。
みんなで仲良くと(密かな真の目的は別として;)みんなに声をかけて泳いでくれる人、困っている者がいるようだとみんなを廻る先輩、めし喰いにイベントに誘いにと気のよい人達に囲まれて。みんなの度が過ぎないように気を使わなければならないほど。。。自分と引き換えでもこれからもみんながみんなのままで、良い環境であり続けるように全力でバタ足しと悪者しています。下町育ちの物凄さ、まだまだこんなもんじゃないんですから本当は立ち止まる必要すら全くないのですけれど。
by 404 (2017-04-23 21:02) 

S北斗

訪問&nice・・・ありがとうです。
by S北斗 (2017-04-23 23:15) 

404

>S北斗さん
訪問ありがとうございます。
もう残雪ですね、河原で焼き焼きの頃になってなにもかも春にかわってアッという間の夏の予感です。
by 404 (2017-04-24 08:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

404小隊

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。