So-net無料ブログ作成
検索選択
 

着きました♪(追記4) [プロジェクトB]

着きましたよ(07:00ちょうど)♪

時間通り、自分でも笑ってしまいます。

調整したわけではないのですが、なぜか必ず予定通りに到着してます。

サプライズ♪  

復興団地のお年寄り世帯に朝御飯食べに来ました♪ 

IMG_kkksaa.jpg 

 

ーーーーーーーー(追記1)ーーーーー 

IMG_rz2544.jpg

来たのは先週文旦を団地のお年寄り分届けた世帯です。

帰り際に泣かれてしまって。。。先週2回電話もしましたが元気がなかったので心配に思っていました。

突然、サプライズで朝御飯を食べに来ましたw。

スゴい驚いてとても喜んで賑やかに朝御飯頂きました。

 

また来るから大丈夫、泣くことはない、

        楽しみに待っていてね♪♪♪。

 

と言うわけで今から急いで帰ります! 

 

 

ーーーーーーーー(追記2)ーーーーー 

IMG_-50es62.jpg

福島市内で原発被災後母子家庭の支援先世帯と待ち合わせしました。高校に進学したお子さんが仕立て上がりの制服で来てくれました。

小学生だったんですけどね、子供部屋遊んでたままで避難してきてしまって気持ちに区切りがないと話してくれた事がありました。

今更ぬぐえないのだけど、人の痛みのわかる温かい福島県人になればよい! 

そのためだったらなんだってするよ♪ 

 

ーーーーーーーー(コメント用追記3)ーーーーー 

IMG_gaor4e.jpg

IMG_h2zrle.jpg 

ーーーーーーーー(追記4)ーーーー

途中で熊本から一緒に運んだ被災猫さんにあってきました。

彼女は亡くなったって言えなかった。。。また次回以降にしようと思います。

IMG_-px2ufm.jpg


nice!(43)nice! のお返しが必要な方のご期待にそえません  コメント(7) 
共通テーマ:blog

nice! 43

コメント 7

404

>追記3用
忙しくてもここに来ることが多いです。
古くからの方はご存じの稼業、一本ご紹介頂いてからこの眼下で彼女と過ごした特別な日々に特別な自分を思います。
彼女にとってはイルカではないにしても人間扱いでもなかったんじゃナイかとわたしは思っています。
特別な程に人を信じた個体、業界ではそちらの方が有名なフジ。どうしてなのか、もしかしなくてもそうでしょうね(*^^*)、恋愛感情がロジックほどではなく自然の神秘なんでしょう(たぶん)。同種だけが対象ではない事が摂理に反して、よけいに募るのかもしれないですね。
晩年を南の島で過ごした彼女にコッソリ会いに行ってる筈なのに、入園する前からバレていたのを不思議にしてしまっていましたが、手のひらやおでこにピリピリくるシンパシー、水中じゃなくても感じていたのは今初めて書いてしまいました(笑)。
でもたぶんお気に入りの飼育員同士ならわたしと同じ経験してると思いますけどね。
水槽のキャパシティーを越えてわたしに大ジャンプを魅せてくれる、係りの方に叱られているのに止めない従順なはずが言うことをきかない、特別な感情のある証なのでしょうかね。
一緒にいるとき、水槽の淵に寝転び雲を眺めているわたしを遊びに誘おうと水をかけたり最速で通り抜けたり、やがて諦めてプカプカと水中と淵のわたしが同じ空を眺めて感想を伝えに高周波で話しかけてくる、音や歯ぎしりではなく、一緒に静を感じあっている不思議。そんなふうにお互い一緒に過ごす特別な時間。。。
彼女も虹の橋の向こうでテグスネヒイテ待つ一人だったら、その時やっとわたしからもお話しが通じあうことが出来る素敵な時を一緒に過ごせるでしょうね。
by 404 (2017-04-02 16:42) 

ニッキー

「朝ごはん食べに来ました」サプライズ、お年寄り世帯の方の驚きながらもとっても嬉しい顔が見えるようです( ^ω^ )
素敵なサプライズでしたねぇ♪( ´▽`)
by ニッキー (2017-04-02 21:40) 

404

>ニッキーさん
おはようございます。
帰って来てからうとうと眠ってたりでした。
朝からカレーですが、常に冷凍していて待っていてくれていました。
流される奧さんを掴み、緊急事態のなかで苦しい気持ちの旦那さんを支え、お互いを大切に出来るご夫婦ですが、年齢なりの感傷や考えは経年の事だと思います。
このご夫婦には最新設備の鉄筋コンクリート住宅ではなく、小さくてもあたたかい木の家が必要だったと思います。
頂いた朝御飯、わたしこそ尊く思えてそのまま食事せず24時間経ちました。
今週日勤でさっき朝メシ食べましたけど、昨日の事を思い出しました。
この支援先のお年寄りご夫婦にも思い出としてのこり、これからは元気に過ごしてくれたらいいなと思います。
by 404 (2017-04-03 07:34) 

みぃにゃん

サプライズ朝食訪問!大喜びされてよかったですね。お顔を見せるだけでもとてもうれしいとおもいますよ。張り合いが持てますね。
by みぃにゃん (2017-04-03 07:39) 

404

>みぃにゃんさん
おはようございます。
(^^)d
また来るかもしれないとご夫婦が思っていれば泣くことはないと思います。
広い復興住宅は逆に暮らしづらいかもしれませんね。
それと健康状態など変化が出ているのかもしれません、そんな時には気持ちも塞ぐし影響も出るのではと思います。(巡回のケアマネージャーにも連絡しました、内緒ですが。。。トータルで支えるシステムがあるわけだし。特にこの担当者なら状況の共有は有効に思える方なので)
by 404 (2017-04-03 08:05) 

JUNKO

皆さんに心待ちにされている404さん日頃どんなに皆さんのお世話をしているかが分かります。こんなに長い時間変わらずに活動を続けられていること驚くとともに敬服します。くれぐれもご自身の健康に留意なさってください。
by JUNKO (2017-04-03 19:36) 

404

>JUNKOさん
おはようございます、いつもお言葉に甘えてお返事もなにもかも伴わず申し訳ありません。
皆様から崇高な感じに言われることが多いですが全くそんな事はないです。
どんな場合でも現場が第一です。
知り合いだけではなく身内も眼前で亡くなり、打ちひしがれ、それでも影響の無かった者と対等に生きて行こうと勇気を持たなければならない。

スタート地点は全員一緒でもそれぞれの立場、生い立ち人柄は違い、一人一人に寄り添う分はその何倍も苦しみを代わりに背負う、現場での日々はそんな感じです。

自分のスキルに偽りなく全力で自分を発揮する、これが許される場所が現場です。
薄っぺらい感覚や幼さ、上っ面だけでなく『ウソ』もすぐに見抜かれてしまいます。。。
そしてウソを信じてしまう取り巻きが更にウソを追い込んでしまいます。

様々な団体だったりが被災地に現れましたが、意気込みと厳しさのバランスが崩れ淘汰されて無くなりました。
慈愛の桃源郷のつもりの方はいまも多いかもしれませんが、現場は身体一つで、特に生死と向き合って行かなければならないのが本当です。

わたし自身もおかしいなって思う証拠はいくつも持っていますが一度も行使したことはありません。

本物しか通用しない。。。かもしれない。
本物しか頼れない世界、言うまでもなくそれが現場です。

存在が間違い、と場違いは異なると思っています。
みんなはどちらも排除しようと働きかけますがわたしは逆、本人がそれに気づくまで、同じく取り巻きが気持ちを入れ換えるまでずっと待ちます。
偽りは続かず逃げ出すしか方法はナイのだけど、その時にまた繰り返してしまうだけ。学ばなければこの先を生きては行けなくなってしまいますから、わたし一人だけでも機会を用意しておかなければとその通りにしています。その間はこれも逆転してわたしが孤独に悪者を全て引き受けます。でも、必ず正しきにたどり着き疑いも晴れるし味方も一人ずつ増えて行くのもまた現場です。。。

間違って学んではやがて罪に陥ってしまいますからそこを踏み外すさないように見守らなければなりません。
こんな深い意味でのわたしの様子は勘違いされやすいですけれど、被災も人生の凝りもこれからも何度も繰り返されます。その時にもう一度正しき勇気を持ち直し頑張って行く姿を思い耐えるしかないですね。
花は何処でも咲けると台本に書き加えたことがありました。演出の際にわたしが伝えたのは『花は何処でも枯れる運命をもつ』と言う言葉です。それが本当の世界、淘汰を軸にするこの世だからなのだと思います。
咲き続けるまでずっと水をやるしその責任も全て負います。
目を覚ますチャンスが平等に吟われているだけで、勇気は不平等。。。それが本当の世の中です。
世の中を知らないとはその事を指していると思います。目に見えず勇気を支えて行くのはスゴく大変です、本人達よりもなぜかわたしの方がたしかに損なわれるしいいことはわたしには一つもないです。。。
それでも今この時にやらなければ1つずつ失われてしまいます。勇気なら誰でも持っていますが方向を間違えてはなりませんからね。
やっぱり道徳かなぁと困難と向き合うときに思います。道徳こそ学ばなければ身に付かないことが多いですよね。出来れば伴って現場に来てほしいけど。。。

取り巻きも場違いも現場を知らないから助長しむしろ道徳から外れるように助け合ってしまいます。結果は必ず出てしまいますから、出来れば早く目を覚ましてほしいけど大抵は没します。わたしはずっと変わらずそこにいて見失わないように大切にしています、それがわたしにとっての現場です。

ウソ偽りは取り巻き以外は全員気づいています、生暖かい空気は本人達もやがて感じるときがありそれこそが淘汰だと思います。それでも待つ日々なのわたしぐらいだけどやむを得ないですね、大切にするとはそう言うことですから。


by 404 (2017-04-04 06:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

404小隊

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。