So-net無料ブログ作成
 

ファインダー [プロジェクトB]

RSSの皆様の未読記事が800に減りました。浦島太郎で過去記事にコメントしてしまったりしていますが皆様ホントスイマセン[あせあせ(飛び散る汗)]
堅い話ですが、ココの実態なので以下記事化しておきます。

お金があるところにはどんどん有利になるし、お金がないところはどんどん貧しく不利になる姿です。
これは家を建てる段階でもそうだし、その他事業の再建でも同じです。。。
淘汰と言う言葉を未曾有の災害に思います。自然の中のふるいにかけられてゆくように。
そのフィルターや判断基準がお金だったり権力だったり、まるで昔の社会性の乏しい時代と同じ現象がここで起きています。
おぬしも悪よの~がいるし、人を翻弄する事を愉しく思う者、そこには必ず気位の高さ、プライドの高さがあります。
支える側はなりふりかまわず出来るだけのことをしていますけれど通じませんね♪

わたしは被災者から避難所生活の頃の様々な事情だけでなく画像なども託していただいています。中にはいま盛んにボランティアを誘致している地域で泥だらけになってお金を拾い集めている姿や、避難所での横暴な発言や暴力的な様子の一部始終の録画・録音もあります。

それがわかっていても、隔てなく支援をし続けていました。 『いつか誠意が人を変えるだろう』と。でもそうはなりませんでした。
なぜなら、支援やボランティアを語って将来の商売や立候補などの政治権力への昇華など、被災で欲望を叶えようとする者が、被災で傷んだ被災者の心の隙間に堂々と入り込んで悪くしてしまうからでした。

わたしがよく引用する皆さんの善意の赤十字の家電セットも地域によっては得ることが出来ない世帯が続出しました。
さらに仮設団地ごとに頂いた冷蔵庫などの性能が大きく違い家族構成によってはある意味使い物にならない場合が多くありました。
この一件でもまずは得られるか得られないか、貰ってる者が何を文句を言っているかという言葉は今でも聞こえます。
わずかでも浸水となった建物では電気製品は使い物にならなくなってしまいます。家のあるなしが家電セットを得られるかの判断基準になった地域では、無くて困っているその時に手に出来ない暮らしのたたない苦しさや心の痛みが半端無く渦巻きます。。。
貰ったとしても実情に合わず氷が作れないとか家族構成に合わないとかお薬などや食品が入りきらないとか、何より仮暮らしから脱して例えば仮設団地を出てゆく際に新しい生活に合わせて役に立たないこの冷蔵庫を廃棄しなければいけない実態が起きてもいます。。。
わたしが支援として家電品の用意をお願いするときには耐久性とニーズ最優先だったけれど、仮設団地ごとの予算との兼ね合いで家電セットは動けばよいだけの冷蔵庫支給だった場合がありました。結局これでは皆さんの善意も物資としての意味もハズレてしまっていたかも。。。

前記事の続きでなんだか読み辛い内容なので自分でもかなりガッカリです。でもこれが本当です。
優遇されすぎていないかと言う偏見の目が被災者同士の監視になってしまっているのはなんだか悲しいですね。。。

P1018427C.JPG
もう一度本人が撮った前記事画像です。多くの皆様は鮮明でカメラの性能なりの画像を必要とするかもしれませんが、この息子さんには被災して野原になってしまった町がこんな風に見えているってことですよ。心の中のファインダーでは滲んだ世界です。
前記事の息子さんは街から逃げ帰ってしまったわけではなく勇気ある撤退だけれども、やっぱり世の中は冷たいかな。引越しをマイナス側に思うかもしれません。
『迎えに行ってもらえないだろうか、あんたしか頼めそうも無い』と依頼頂いた気持ちに応えるよりも、多くの皆様に被災の姿をわかっていただくことも大事だと思いました。ああよかったですねと言う事や企画に酔って踊るボランティア活動に飛びつく事ばかりではなく、うまくゆかなくても支えが必要であれば惜しむ事はないと思います。
本来の支援はこの窮地や過酷の為にあるのですよね♪

と言うところで、今朝はよく行く仮設団地の朝のラジオ体操に参加してきました。ここは雲が多いですが陽が射す程度の空模様です。雨が降り出す感じはまだありません。今日も歩きで頑張っちゃいますからね~♪昔々、ファインダーとか言う曲を創った気がしてきたのでアルバム聴きながら♪♪
それと金曜日はカレーの日ですよ~~♪♪♪ 冷凍庫から下ろして出掛けて来ましたよ\(^q^)/
P1018415.JPG


nice!(139)nice! のお返しが必要な方のご期待にそえません  コメント(6) 
共通テーマ:blog

nice! 139

コメント 6

hirochiki

毎日本当にご苦労様です。
私も、毎朝ラジオ体操をしています。
昨日は、美味しいカレーを召し上がりましたか。
by hirochiki (2013-06-22 06:21) 

404

>hirochiki さん
ラジオ体操の場所とその他体育指導で教わった体操をしている仮設団地と2通りあります。
春先から気候もよくなってきて、インドアのお茶会と言うようなイベントよりソトに出て活動する取り組みの誘致が盛んです。
ノルディックウォーク・ポールウォーキングとかも取り組んでいる仮設団地もあったりします。わたしもニーズに合わせて?、にぎやかしに?朝からお邪魔して体操に参加させていただく事が続いています。
カレーは美味しく出来ました!!
実は使った材料を公開しようかどうかと迷いまして。。。関係者の方と相談中です。次の記事にアップします♪
by 404 (2013-06-22 10:59) 

カリメロ

いつも、お疲れ様です。
負の連鎖というのは、本当に大変で、恐ろしいもので、
なかなか抜け出せず、時間が経てば経つほど
深みにはまって行ってしまうんですよね。
そういった意味で、被災者への支援、援助、救助は
時間がかかりすぎですよね。本当に憤りを感じます。
by カリメロ (2013-06-22 18:47) 

nano

いつも過去記事へのたくさんのnice!
ありがとうございますm(__)m
お忙しい中、無理されないようにしてください
by nano (2013-06-22 20:41) 

404

>カリメロさん
街から地元へと戻ることにしたこの息子さんですが、ほかに方法が無くてそうしたわけではありません。何が間違っているかを自分なりに見て判断した事も理由に含まれています。
自ら連鎖するのを断ち切ることには勇気がいると示してくれました。

記事中の大人の様々な腹の中を子供たちはちゃんと見知っていました。

わたしが教育に問題があるわけではないと時々書くのはそういう子供たちの感情をじかに聴く事があったからです。わたしから尋ねた事は無かったけれど、わたしになら話すことが出来ると思う子達は多かったのだと思います。わたしが子供たちのことに干渉する事は無かったしフィードバックをすることはほとんどなかったけれど、時々はお子さんがこんな風に思っているかもしれないと大人に告げた事はあります。でもとり合わないですね、わたしも強く話したりはしないし。
子供が育つのは自然の事だから、自然とは時の流れだけではなく環境もだと思うし、自然が猛威を振るったコノ中で大人が見失っている事は沢山あると思います。

子供と一緒に親も育つ

よかったらどんな時も忘れないでいてくれれば幸いです。
by 404 (2013-06-23 10:18) 

404

>nanoさんとnanoさん
いつもありがとうございます。最近は歩きながらもあってゆっくりペースです。
それに全てはお会いする相手次第、自分から予定して時間通りに行動するようなことはありません。
今日も明け方から出掛けて体操にも参加してとてもよい朝でした。
被災さえなければみんなで穏やかに暮らしているはずの所です。
同じくあるようにわたし自身も気を使っています。
by 404 (2013-06-23 10:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

404小隊

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。